小松の家(仮称) - 快適さを実現したこれからのかたち

Project No.4 小松の家(仮称)

過ごしやすい快適な住まいとは

 今回の建設地となった小松市のこの場所は、風が強く、また不確定な地盤特性を持っていたため、住宅の耐震性、高強度の確保が課題としてあがった。そして、施主様である若いご夫婦からあがった第一の要望は「夏は涼しく、冬は暖かい、過ごしやすい快適な住まい。」住宅を建てるにあたって当然の事であり、現代の建築業界では多くの試みと新しい技術開発が繰り返され煮詰められている事ではある。
ただわたし達は、あくまで人が生活を営む"住まいをつくる"と云う当然の要望を実現する以上に、これからの住まいのアプローチとして、周囲の環境と自然を鑑み、その自然を活かした特徴をもたせたかたちを提案した。住まいと周囲の自然を共に快適に感じられることは、子どもの健やかな成長にも良い影響を与えるだろう。

 その思想のなか、現状の小松市環境は一年を通じて雨が多く、夏は暑く、また冬は雪が降り積もる厳しい気候である。曇り日が多い小松市において、通常の住宅設計では明るい空間、快適な空間の実現が難しいため、太陽光や自然通風、季節による寒暖といった自然環境に対応したかたちを考え設計した。

 第一に「Facing True South(金沢市金石)」で実績のあった特徴的なハイサイドライトを屋根に多く設けた。真南向きのハイサイドライトは、冬にはトップライトと同等の直射日光を取得する一方、適切な長さの庇を設けることで夏には直射日光が室内に入るのを防ぐことができる。
そして、内部の空間に生まれた天井の高低を利用することで、夏は重力換気により室温を下げ、冬には天井付近に溜まった暖気をダクトファンによって循環させることで、屋根の下の大きな空間の温熱環境の平準化を図っている。また、この特徴的なかたちでも最新の構造シュミレーションを行い、高強度の基礎、構造に仕上げた。
この住まいの施工において、多くのハイサイドライトを中心とする屋根の施工に苦心したが、小松市の強く多い雨の中であっても、ハイサイドライトまわりの雨始末等の施工は、強度の条件をも満たす高い仕上りとなった。

 季節を感じることができる快適な住まい。この本物の空間で、若いご夫婦は明るい生活を実現し、豊かな生活を営むことができるのではないでしょうか。

ARCHITECT 建築家のご紹介
中永勇司 Nakae Yuji

1975年石川県金沢市生まれ。
94年金沢大学教育学部附属高等学校卒業、98年横浜国立大学工学部建設学科建築学コース卒業、2000年同大学大学院修士課程修了。
EDH遠藤設計室を経て、04年ナカエ・アーキテクツを設立。東京事務所に加え、10年金沢事務所、11年ソウル事務所を開設。
〈NEアパートメント〉でグッドデザイン賞、東京建築賞最優秀賞、AR awards(英国)を受賞。